失敗しない工事選びのポイント

工事の種類と特徴を徹底比較

どんな許可を受けた会社なのか吟味が大切

どんな工事を請け負うか、どんな工事を施工するか、これは工事の種類や特徴を把握する上で欠かせないポイントです。むしろ工事の種類とその工事を請け負うのにどんな許可を必要とするのかを併せて把握しておく方が理解しやすいところです。そこで、まずは許可別に工事の種類についてご紹介します。

工事内容によって許可が違う

一言で工事といっても、多くの種類があります。例えば家を建てる新築工事、いまある家をリフォーム工事する増改築の工事、ライフラインとなる水道を安定的に供給するための水道施設工事など、数え上げるときりがないほど世の中には様々な工事が存在します。
また工事は、私たちの見えないところでも大きな役割を果たしています。家の工事でいえば、実際の家の建築などは工事が見えるものですが、その建築の際に必要な足場づくりも工事のひとつ。そしてこの足場工事がなければ家の建築工事もままならないと言えるほど重要なものです。
こうした様々な工事は、ご紹介したように私たちの生活を支える重要なものです。加えて木材や鉄筋など、沢山の資材を必要とするため、費用も高額になる場合が多いもの。ですから工事は国や都道府県などから一定の基準を定められ、その基準を満たして許可を受けたものでなければ受けることができない場合が多いのです。
そんな工事の種類や特徴を把握するには、この基準となる許可という存在が欠かせません。むしろ許可をとおして工事の種類や特徴を把握する方が種別分けされ、分かりやすいといっても過言ではないほど。
そこで、工事の種類や特徴を、その工事を必要とする許可の種類と併せてご紹介します。工事の種類や特徴、そしてそれに必要な許可を把握しておくことで、どんな工事にはどのような許可を持った企業や営業所が適しているのか、また許可を保有していない営業所の場合どうなるのかなどを理解することができます。

工事の請けの種類を見極める

工事の種類と許可を知る上では、工事を請け負うのがどのようなポジショニングにある場合なのか、これも大切なポイントとなります。工事を請け負う際に、かかる費用はその工事の規模を示すのにも重要な秤です。そこでこの工事費用の点から見る工事に必要な許可に関してご紹介します。

工事の内容を把握する

工事の内容はしっかりと細かく細分化され、許可を受けるうえで重要なファクターとなる部分です。工事の種類別に細分化された内容を逸脱することは工事を行うために必要な許可そのものをないがしろすることにもつながりかねません。ここではそんな失敗しないための許可の見極め方をご紹介します。