失敗しない工事選びのポイント

>

工事の請けの種類を見極める

一般的な建設業工事で必要な許可がある

工事の種類を知る上で、工事がどのような形で請け負うかということにより、業種が異なるということを把握しておくことは大切です。例えば、建設業の場合、請負工事を行う際にその請負工事1件の金額が500万円以上の工事を請けるならば、一般建設業木許可を取得している必要があります。ただしこの工事に関しても、工事にかかる金額は下請け業者の数や発注金額で制約もあるなどいくつかの注意が必要となります。多くの請負工事を行う建築業者はこの一般建築業許可を取得しています。
また一般建築業許可を持つには、誠実であることや財産的な基盤を持っているか、また専門の技術者の有無など、いくつかの要件を満たすことが求められます。この許可が無いと工事を受けられない場合もあるため、必要度の高い許可となります。

特殊な工事の場合の許可

例えば建設業の場合、一般建築業許可の他に特定建設業許可というものもあります。工事によっては発注者から直接受ける工事が高額な場合も生じます。この際の金額が4000万円、また建築一式工事の際には6000万円を超える工事の場合には特定建築業許可が必要となります。元請業者として工事を行う場合にこの許可が求められるのです。あくまでも発注者から直接請け負うという業種の場合に必要となる許可であるため、金額が高額な場合であっても、下請けの場合にはこの許可は必要ありません。
つまりこのように工事の種類や特徴を把握する上においては、工事を請けるのが誰なのか、どのような形で請け負うのかということによってもその工事に必要な許可が変化することも大切なポイントとなってきます。